秋は行事が盛りだくさんです。いろいろと発信させていただきますので、こまめにチェックをお願いします。

ひょうご子ども・若者応援団

この記事は約6分で読めます。

ひょうごの青少年のすこやかな成長を応援します

兵庫県内では、いろんな団体が、青少年の健全育成に取り組んでいるね。

でも、その多くは活動資金が不足するなど、運営基盤が不安定で、その継続・発展が困難なものも少なくないんだよ。

そうなんだ

そう。そこで兵庫県青少年本部では、このような団体・グループが行う青少年育成活動を支える新しい仕組みとして、「ひょうご子ども・若者応援団」を創設したんだよ

ひょうご子ども・若者応援団のしくみ

企業や社会奉仕団体等からご提供いただくさまざまな資源と、青少年育成に取り組む団体・グループ等を結びつけ、地域の青少年育成活動を活性化する新たな仕組みをつくろうとするシステムです。

ひょうご子ども・若者応援団のしくみの説明

次代を担う青少年のすこやかな成長を支援するためには、行政や教育機関だけではなく、企業、青少年団体、地域団体、NPOその他、地域のあらゆる主体が力を合わせて取り組みを行っていくことが不可欠です。

ひょうご子ども・若者応援団では、広報誌として「ひょうご子ども・若者応援団」通信を年2回発行し、事業内容の紹介や報告、物資の提供や寄付金をいただいた企業のご紹介などを行っています。

応援団通信バックナンバー

応援団の助成事業

ご寄付

皆さま方お一人おひとりの想いと行動が、ひょう ごの青少年の育成活動を支えます。
ご寄附の具体的な方法については、下のパンフレットをご覧ください。

一般助成事業

県内の青少年団体等が実施する自然体験・社会参加・非行防止・リーダー養成などの青少年育成事業に対して助成します。      

  1. 助 成 額 100千円上限(定額)
  2. 助成件数 上期・下期ともに各25件

災害復興支援特別助成事業

県内の青少年団体等が、県内または被災地で実施する台風・豪雨等の自然災害等で被災した青少年を支援する事業に対して助成します。  

  1. 助 成 額 150千円上限(定額)
  2. 助成件数 8件程度  

インターネット等(親子)学習会助成事業

 現代の社会情勢にかんがみ、青少年が安全に安心して、携帯電話やスマートフォン、パソコンなどのインターネットを利用できるように、その利便性や危険性を知り、青少年をネットトラブル等から守る手立てなどについての学習会とします。(参加者10名以上)  

  1. 学習会の講師謝金、講師旅費、会場使用料について総額30,000円を上限
  2. 助成件数  当本部の予算の範囲内

次世代育成支援特別助成事業

青少年本部創立50周年記念事業のテーマであった「夢がある 一人ひとりが輝いて」の実現をめざし、次世代育成の基礎となるような国際交流、人材育成などのプログラムの事業化を応援します。  

  1. 助 成 額  500千円上限(定額)
  2. 助成件数  3件程度

応援団のマッチング事業

企業や社会奉仕団体等から提供される多様な資源を、青少年育成活動に取り組む青少年団体・グループに橋渡しをし、もって地域ぐるみで青少年の健全育成を図っています。 企業等から提供のあった資源の情報を、概ね四半期に一度、登録団体・グループのみなさまへ情報提供します。

ご加盟企業・団体様一覧表

平成30年3月末日現在≪敬称略・五十音順≫

  • SMBCコンシューマーファイナンス株式会社 
  • プロミス神戸お客様サービスプラザ
  • アース製薬株式会社
  • アサヒ飲料株式会社 近畿圏支社 神戸支店
  • キッコーマン食品株式会社
  • リンテック株式会社 龍野工場
  • 演遊舎
  • 株式会社ケーニヒスクローネ
  • 株式会社ワコール 
  • ツボミスクール
  • 株式会社伊藤園
  • 株式会社大地農園
  • 関西グリコ株式会社 グリコピア神戸
  • 丸中製菓株式会社
  • 江戸からくり実演
  • 江崎グリコ株式会社
  • 植垣米菓株式会社
  • 神戸ロータリークラブ&富永貿易株式会社
  • 生活協同組合コープこうべ
  • 赤穂化成株式会社
  • 日本ボーイスカウト兵庫連盟宍粟第3団
  • 兵庫県モラロジー青少年団体連絡協議会
  • 兵庫県企業庁水道課
  • 兵庫県立農林水産技術総合センター 
  • 森林林業技術センター
  • 六甲バター株式会社
ひょうご子ども・若者応援団イラスト

最新のお知らせ

事業の歩み

青少年本部では、平成 19 年度に「青 少年本部の在り方検討」を行い、来る 公益法人制度改革を見据えながら、今 後の重点的な取組方針の一つとして青 少年団体やNPOなど多様な活動主体 の活動を支える中間支援機能を充実させていくこととしました。

その一環として、CSR活動の広がりを踏まえ、企業から提供される資金、 物資、人材などの資源を、青少年育成取り組む青少年団体などへ橋渡しをし、青少年活動の活性化を図る「ひょ うご子ども・若者応援団」事業を、平 成 20 年度から県と共同して立ち上げました。

平成 21 年から青少年育成事業に年2回助成

平成 20 年度、事業の仕組み等をPRし、 資源を提供していただく企業・団体を募るため、企業や社会奉仕団体への頻繁な訪問 や、「ひょうご子ども・若者応援団通信」 を発行するとともに、青少年団体などに対して資源ニーズの調査を行い、事業運営の ベースを整えました。

平成 21 年度からは、「ふるさと雇用再生 特別基金事業」を活用し「ひょうご子ども・ 若者応援団普及活動促進員」を青少年本部 及び地方青少年本部に 11 人配置し、企業 から提供された物資などと青少年団体のニ ーズとのマッチング事業を本格実施しました(同特別基金事業は平成 25 年度で終了した ため、以後のマッチング事業を縮小)。

企業からの寄付金の活用としては、公益財団法人への移行に伴う寄付税制上のメリ ットを生かし、平成 21 年 10 月から青少年 団体などが実施する青少年育成事業に対し 助成を開始しました(以後「一般助成事業」と して年 2 回、上期・下期に分けて継続実施)。

また、東日本大震災からの復興支援とし て、平成 23 年度から「東日本大震災復興 支援特別助成事業」( 平成 26 年度からは 災害復興支援特別助成事業 ) を行うととも に、平成 24 年度から地方青少年本部及び 神戸事務部を中核として、地域の特色を生 かした青少年活動を推進する団体・グルー プなどを支援する「青少年育成協働事業」 を実施しました。

「創立50周年記念誌」より)

タイトルとURLをコピーしました