開催しました★令和2年度少年の主張兵庫県大会~中学生のメッセージ2020~

この記事は約2分で読めます。

概要

令和2年9月26日(土)兵庫県民会館けんみんホールにおいて、少年の主張兵庫県大会が開催され、県内10地区の代表者が、それぞれの思いや考えを発表しました。

知事賞(最優秀賞)は、「命」を発表した、賢明女子学院中学校2年 鈴木 凜さんが受賞されました。
鈴木さんを兵庫県代表として、全国大会出場候補者に推薦しました。

全国大会は例年、東京都において開催されますが、今年度は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点からWEBでの開催となりました。
10月中旬頃に全国大会審査委員会で全国大会発表者(12名)が決まります。この12名に選ばれると全国大会の舞台で発表する(WEBで公開される)こととなります。
詳しくは、国立青少年教育振興機構ホームページをご確認ください。

大会結果

知事賞(最優秀)

  • 「命」賢明女子学院中学校2年 鈴木 凜 さん

優秀賞

  • 「繋げ、思いやりのバトン」加古川市立浜の宮中学校2年 諏訪 紗奈 さん
  • 「あなたに笑顔を」多可町立八千代中学校2年 足立 恋羽  さん

(※発表順)

審査員特別賞

  • 「兄が輝ける場所」神戸学院大学附属中学校2年 野間口 優 さん
  • 「教育を第一に」武庫川女子大学附属中学校3年 元浦 綺花  さん

(※発表順)

奨励賞

  • 「未来をつくっていくのは私たち」宍粟市立一宮北中学校3年 秋武 詩音 さん
  • 「守り、繋げるふるさとの宝」豊岡市立出石中学校3年 室 裕希 さん
  • 「私的ソーシャル・ディスタンス」丹波市立市島中学校2年 長井 健瑠  さん
  • 「『食』に感謝」洲本市立五色中学校3年 矢野 明日香  さん
  • 「図書館に行こう」三田市立ゆりのき台中学校2年 三好 夏帆  さん

(※発表順)

大会のようす【動画】

動画はこちらのページをご覧ください。

作文応募状況

県内中学校79校4,331名の応募 

参考:開催案内のページ

タイトルとURLをコピーしました