7月は「青少年の非行・被害防止全国強調月間」です。

この記事は約1分で読めます。

 子どもたちにとって待ちに待った夏休みがやってきます。
 その一方で、学校から解放されて気がゆるみがちになり、夜遅くまで出歩いたり、お酒やたばこに手を出したりするなど、非行に走りやすい季節でもあります。
 また、スマートフォンやSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)の普及により、兵庫県内でも「児童ポルノ自画撮り被害」「未成年者誘拐事件」といったSNSに起因する犯罪被害が増加しています。
 子どもたちを非行や犯罪被害から守るために、一人一人が何ができるかを考えてみましょう。

関連リンク

夏休みは危険がいっぱい!?子供の非行・被害を防ぐために (政府広報オンライン)

「青少年の非行・被害防止全国強調月間」(内閣府)

タイトルとURLをコピーしました