「少年の主張兵庫県大会」9/29(日)13:30~ 開催します。"今"の中学生の声、聴いてみませんか ?

平成31年度「ひょうご子ども・若者応援団」災害復興支援特別助成事業の募集を開始しました

この記事は約2分で読めます。

助成のあらまし

 公益財団法人兵庫県青少年本部は、県内の青少年育成活動を支援する「ひょうご子ども・若者応援団」助成事業を実施しています。
その一環として、自然災害等により被災した青少年を元気づけ、励ますための活動を支援する特別助成事業を募集します。

助成対象団体

少年の健全育成を目的として活動を行っている青少年団体・グループであって、次の各号の条件をすべて満たすもの。

  • 定款又は規約等の会則を有し、代表者又は責任者が明確であるとともに、定款又は規約等の中に、青少年の健全育成に取り組む旨の趣旨が記載されていること。
  • 5名以上の会員又は構成員を有し、団体として独立した経理を行っていること
  • 兵庫県内に活動拠点を有し、県域で1年以上活動していること。
  • 宗教活動や政治活動を主たる目的としていないこと。
  • 活動が公共の福祉に反していないこと。

助成対象事業

平成31年度中に兵庫県内又は被災地で行われる 以下に掲げる事業とする。

被災青少年の心身の健康の回復・増進に関わる事業、被災青少年と県内青少年との交流に関わる事業その他、青少年本部が特に必要と認める事業

助成額

「定額」 1件当たり15万円を限度とする。

対象経費

   謝金、旅費、消耗品費、資料印刷費、資材購入費、郵券代、会場使用料、その他当該事業の遂行に必要と認められる経費

助成件数

8件程度を予定。
※助成申請は1団体あたり1件とし、他に国、県、市町から助成を受けている事業は対象としない。

助成事業の決定

助成事業は、先着順に内容を審査の上、決定する。
原則として、事業実績を公表する。

スケジュール等

申請募集期間 2019(平成31)年3月1日(金)~2020年2月29日(土)
選定審査・団体への通知    決定の上順次通知

申請手続

別添の災害復興支援募集要領及び申請書(様式1)様式1の別記1・2を参照
H31災害チラシはこちら

実績報告

事業終了後一ヶ月以内又は2020年4月20日(土)のいずれか早い日以内に実績報告書(様式7)様式7の別記1・2を提出すること。

タイトルとURLをコピーしました