機関誌「青少年ひょうご」令和2年1月号を発行しました。英語版、中国語版の「ひょうご青少年憲章」も掲載しています。ぜひ、ご一読ください。

「宝塚フォーラム」が開催されました。

この記事は約2分で読めます。

 こころ豊かにのびよう!のばそう!ひょうごっ子「宝塚フォーラム」(県政150周年記念事業)が平成30年2月11日(日・祝)に宝塚大劇場で開催され、小学生から高校生とその保護者、約2,500名が参加しました。

  • 主催:こころ豊かにのびよう!のばそう!ひょうごっ子「宝塚フォーラム」実行委員会
  • 後援:兵庫県教育委員会)

第1部のトーク「タカラジェンヌと語る 兵庫の夢、私の夢」では、井戸 敏三 兵庫県知事と宝塚歌劇団 宙組 組長 寿(ことぶき) つかささん、副組長 美風 舞良(みかぜ まいら)さん、留依 蒔世(るい まきせ)さん、小説家の玉岡 かおるさんが語り合いました。

保護者からは、「日頃、家ではなかなか、夢について話し合うことはありませんが、良いきっかけとなった。」 「自分が子どもだったころ、親が応援してくれたことを思い出しました。」 「タカラジェンヌの方々が、子どもの頃に感じていたことなどを子どもたちにも分かるようお話ししてくださり、とてもよかった。」と、また青少年からは、「夢をかなえるためには、くじけそうになることもあると思いますが、ジェンヌさんのお話を聞いて、そんなときこそがんばろうと思いました。あきらめずにがんばりたいです。」 「好きなことを叶えることは苦しいけれど、楽しい、という言葉は響きました。」との感想が寄せられました。

第2部は、宝塚歌劇 月組公演 ミュージカル・プレイ 『 カンパニー ー 努力(レッスン)、情熱(パッション)、そして仲間たち(カンパニー) ー 』、ショー・テント・タカラヅカ 『 BADDY(バッディ) ー 悪党(ヤツ)は月からやって来る ー 』を家族で鑑賞いただきました。「家族で一緒に見ることで、コミュニケーションが深まります。」といった多くの声をいただきました。

タイトルとURLをコピーしました