あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

【東播磨】第16期こころ豊かな人づくり500人委員育成事業「青少年サポートセミナー」実践講座(こども食堂体験活動①)を実施しました。

この記事は約1分で読めます。

こども食堂は、地域住民や自治体が主体となり、無料又は低価格で子どもたちに食事を提供するコミュニティの場を指します。

 こども食堂は民間発の自主的・自発的な取組から始まり、2016年から2018年の2年間で7倍に増えており、最新のデータでは全国に3,700箇所に増えているように急速に拡大しているようです。

こども食堂「鳥羽子どもふれあいレストラン」に訪問しました。

日時・会場

令和元年11月15日(金)17:00~19:00

コープこうべ西明石店 3階活動室

実施内容

こども食堂「鳥羽子どもふれあいレストラン」に訪問し、500人委員の皆様には、子どもたちと一緒に食事をし、じゃんけんゲームなどでふれあっていただきました。 当食堂は、月1回の開催ですが、定員25名に対し、多数の申込があり抽選により参加者を決定しています。 スタッフは約10名。15時30分から食事の準備に取りかかっていました。

食事前には学校の宿題をしたり、カードゲームで遊んだり、自由にしています。
本日のメニューは麻婆豆腐でした。食事の後じゃんけんゲームで盛り上がりました。

次回は、令和元年11月22日(金) こども食堂「レストランつながり」(魚住市民センター)に訪問します。

タイトルとURLをコピーしました